2019年12月14日土曜日

後2か月

公立高校の学力検査まで、後2か月となりました。
昨日模試の結果を精査していると、易しい、できる問題を落としているケースがあります。今は笑っていられますが、その1問が命取りになる場合もあります。ある大学受験で合格最低点に3点足りなかった生徒が、たった3点でと思っていたら、その3点の中に数百人いるとわかって驚いたという話があります。
2か月でやれることは沢山あります。集中して勉強する期間としても長すぎず短すぎずです。こちらもエンジンがかかってきました。

リービッヒの最小率

リービッヒの最小率というのがあります。植物の3大栄養素は窒素、リン酸、カリですが、成長や収量はそのうちの最も少ないものの影響を受けるというものです。
これを組織や勉強にあてはめた議論があります。多少無理があるかなとも思いますが、どうなのでしょうか?
因みに、リービッヒの冷却器を作ったリービッヒとは同一人物のようです。

2019年12月2日月曜日

一年前のことを忘れるな!

今週は多くの高校で定期テストがあります。先週から補習を含め、多めに授業をしています。テストが近いので、普段扱わない化学や物理を扱うことも普通です。
ある高1の生徒が化学が全然わからないと言って、補習にやってきました。彼には数学を教えているので化学を見るのは初めてです。なるほど全然分かっていません。テスト直前までほとんど勉強していないようです。彼と同じように私も絶望的になります。彼は高校入学の段階で厳しいところを合格しています。入った段階で下位なのです。同級生と同じ勉強では下位のままです。入学すると皆同じだと勘違いします。一年前に、合格が厳しい中、頑張っていたことを忘れないでほしいと思います。

2019年11月21日木曜日

公立高校進学希望状況

教育委員会から公立高校の進学希望状況が発表されました。
これは、実際の志願者数ではありませんが、大雑把な志願者数の把握には役立ちます。この後、1月末に本当の願書提出があり、2月初めに志願変更となります。

周辺の高校は以下のようです。( )内は定員数。
鶴嶺 414(383) 茅ヶ崎 451(299) 茅ヶ崎西浜 339(358)
平塚江南 324(318) 高浜 226(238) 平塚湘風 164(198)
二宮 262(259) 秦野 372(358) 伊勢原 414 (249)
小田原 527(318)

今年は特色検査を実施する高校が増えました。どう影響するか様子を見なければなりません。この周辺の特色検査校、湘南、小田原、鎌倉、北陵は定員を大きく超えた希望者がいます。一方、地元の平塚江南はここ数年人気薄です。大学合格実績が芳しくないことが影響しているのかもしれません。長く多数の江南生を見てきたものとして、若干の寂しさがあります。

2019年11月14日木曜日

後3か月

今年の公立高校の学力検査は来年2月14日。後3か月となりました。生徒たちに時間管理をするためのスケジュール表を配りました。朝4時から深夜25時までの時間管理をするように作りました。
自分が今、何のために何をしているのか?惰性に流され、ただ時間を消費しないよう、勉強を意識化します。と同時に、戦略的に勉強する、必要なことを、バランスよく勉強できるようにします。
こうした体験は今後、勉強以外にも様々な局面で役立つはずです。

2019年11月8日金曜日

字が小さくて読めない!

気のせいか、小さな字を書く子供が増えているように感じます。以前よくいた、大きすぎるほどの字で書く子供にあまり会いません。筆圧も全般に弱くなっているかもしれません。
そのような場合、図やグラフも小さいのが普通です。それで複雑な図形や関数の問題を解くのは困難が伴うはずです。大きい図を描くだけで解けない問題が解けることも多々あります。
「字が小さすぎて読めない!」
それとも私の老眼がすすんだからでしょうか?

2019年11月7日木曜日

今日から中3後期定期テストです

周辺の中学で定期テストが実施されます。その結果で、後期の仮内申が出ます。私立高校の殆どは内申点で合否が決まりますから、今月末から来月初旬には私立の合格が内定することになります。
同時に、テストが終わった来週から、本格的な受験勉強が始まります。中学の学習進度にあわせることなく、受験対応の授業ができます。教えていて、最も楽しい時期です。公立入試まで後3か月。あっという間ですが、濃密な時間でもあります。
一方、大学入試の混乱は呆れるばかりです。オリンピックのマラソンの札幌移転以上に大問題です。受験生にはもうすでに大きな混乱が起こっています。