2019年4月19日金曜日

クジラは魚ではない

高3の生徒が大学受験用の有名な分厚い英文法問題集をやっています。時々、覗き込んでちょっかいをだしています。
まだ、こんな英語をしなければならないのか!という考えは30年前から変わりません。”重箱の隅を突っつく”という慣用句を使う機会もめっきり減りましたが、ここでは使えます。センター程度の英文をほとんどの受験生が時間内に読み切れない状態で、このような英文法に時間をかけなければならない。どこかで道を誤ったままなのでしょう。
折しも、昨日、中3で全国統一の学力テストがありました。英語は読む、書く、聞く、話すの4技能のテストです。今後、英語教育も大きく変わっていくはずです。遅きに失した感もありますが。そういえば、この英文を暗記した人は沢山いるはずです。
   A whale is no more a fish than a horse is.
クジラが魚でないのは馬が魚でないのと同じだ!私も覚えました。これをクジラ構文と言って教えている英文法の本があります。時々、浅い入り江に迷い込んだクジラが息絶えるニュースが伝わります。我が国の英語教育のようです。

2019年4月4日木曜日

オール1でも合格

新中3の初めての模試の結果が分かりました。中3最初の模試は入試直前のものと同様に重要です。直前の模試は志望校の微調整をするためのものですが、最初の模試は可能性を探るためのものです。受験の第一歩は、現在の自分の力を知るところから始めなければなりません。”彼を知り己を知れば百戦殆からず” 古いですが孫子の兵法は今も真実です。

現在の公立高校入試は内申点より学力検査の比率がずっと大きく、内申がオール1でも理論上合格可能です。もっとも、オール5は何度も見てますが、オール1は見たことがありません。現実的には、内申が悪くても500点満点で350点程度取れれば、この学区のどこにでも入れます。そのため、模試はとても重要です。

今回の結果は全体的に思っていたより良いものでした。近々、面接をしてはっぱをかけようと思います。

2019年3月31日日曜日

入学生への課題

神奈川県は公立高校の入試が終わってから入学までの期間が大変長いので、何もしないでいると学力がとても落ちてしまいます。実際、入試から一月半。入試の時できたことがもうできなくなっている生徒もいます。入試の時期をもっと遅くできればいいのですが…
一方、入学する生徒に高校からの課題が出されています。以前からそのようなものはあったのですが、ここ数年、量が増え、難易度が上がっているように感じます。良い傾向だと思います。

2019年3月30日土曜日

自らのみを信じる

日本人で、金髪に染めた最初のスポーツ選手はどの競技か?最初に、ネックレスをして競技をしたスポーツ選手はどの競技か?

正解は分かりません。勘ですが、陸上短距離。短距離は才能と僅かな幸運と瞬間の時間とに恵まれた人間にしか勝利は訪れません。従って、彼らは、自分自身のみを信じている度合いが他の競技より圧倒的に大きいと思えます。実際、日本のアスリートの中でも100mの選手には独特の個性派が沢山います。彼らは自分が何者かであることを幾らかは信じているはずです。才能の占める部分が圧倒的に大きいスポーツだからです

さて、冬季オリンピックで銀メダルを取ったスノーボードの平野歩が東京オリンピックのスケートボードでの出場を目指しています。以前、スノボのオリンピック選手がその態度と服装のために大変非難されたことがありました。平野選手もその意味では今風の若者です。そして、自分を信じて、そのために努力を惜しみません。良い結果を出してほしいと思います。

2019年3月18日月曜日

春期講習

3月25日(月)より、春期講習期間となります。学校の進度とは無関係に、本当にしたい勉強ができる期間です。目標を立てて、やってみましょう。

2019年3月16日土曜日

偽・漢検結果

偽漢検の実施で3名の合格者が出ました。本気を出させるために、本物に似せた賞状も作成しました。合格者は本当の漢検を受検しても合格するだけの力があります。チャンスを見て受検してみましょう。良い経験になります。
次回は6月の予定です。偽英検も実施します。乞うご期待!

2019年2月27日水曜日

合格速報!

本日は公立高校の合格発表でした。

本年の悠々館の高校進学実績は以下の通りです。2月の受検時に塾で学んでいた生徒のみを対象とします。

国立 東京工業大学附属高校
公立 平塚江南高校
   大磯高校
   鶴嶺高校
   茅ヶ崎高校
   高浜高校
   二ノ宮高校
   平塚商業高校 

みんな、おめでとう。今日はゆっくり休みましょう。私もそうします。そして、明日は高校数学入門です。